ニュース

  1. HOME>
  2. ニュース
2017年6月16日 瀧定名古屋 18春夏婦人服地
機能性とナチュラルが共存 色柄や光沢もポイントに
  • 繊維ニュース 2017年6月16日

    瀧定名古屋 18春夏婦人服地
    機能性とナチュラルが共存 色柄や光沢もポイントに

    瀧定名古屋 18春夏婦人服地
    機能性とナチュラルが共存 色柄や光沢もポイントに
    瀧定名古屋が取り組んできた川上戦略が実を結んでいる。
    瀧定名古屋の婦人服地部は18春夏に向け、
    防透け、防シワといった機能素材を充実するとともに、
    一見機能性とは相反しそうなナチュラルという要素を、
    リネン使いの増強などで重視し、共存を図る。
    無地、定番という数シーズン続いた傾向から変えて、
    プリントや先染め、光沢といった色柄物の提案にも力を入れる。
    18春夏は機能性が重要なテーマになる。
    「防透け、防シワはもはや必須」として
    パンツ地やシャツ地で同機能を備えた新作生地を打ち出すほか、
    接触冷感、ストレッチ、ウオッシャブル、吸湿速乾、撥油などの機能を、
    糸、織り・編み、加工の各段階で施した。
    一方、17春夏でブラウス地など合繊系素材が台頭した反動もあり、
    18春夏ではナチュラルというキーワードが浮上。
    これに伴ってシャツ地提案に力を込める。
    この流れの中で同社は、リネン使いを強く意識。
    100%から各種異素材複合を取りそろえながら、
    リネンを使わないもののリネンライクな表面感を持つ新作生地も用意する。
    今年4月に投入したリネン原料からインドで
    独自調達する「リネロッソ」シリーズもナチュラル傾向を追い風に拡販に臨む。
    機能性、ナチュラルの他にポイントに据えるのは色柄物。
    「プリントは久しぶりに復活しそう」として、
    さまざまな柄を各種素材にのせる。
    プリントの柄傾向としては「圧倒的に花柄が人気」だが、
    「リバティプリント」のように目の詰まった小花ではなく、
    白場に黒場に感覚を空けて中花、大花を配した柄に人気が集中しそうだ。
    クラフト感や光沢感も外せないキーワードであり、
    その表現手法として、クラフト感では装飾的なレースや刺しゅう調の
    カットジャカードなどを、光沢感ではラメ使いやキラキラしたサテン、
    シフォンなどを充実する。

トップへ