新着情報

全国服地卸ランキング 有力服地卸「わが社の主張」

2019年08月23日メディア

全国服地卸ランキング 有力服地卸「わが社の主張」
瀧定名古屋 取締役 婦人服地部門担当 瀧浩之氏


テキスタイルのプラットフォーマーとして。

2年前は、環境配慮された素材開発への
取り組みをコメントしました。
当時、業界専門紙に環境ワードはまだ皆無でした。
が、現在状況は一変しました。
業界問わず各企業が持続可能な社会に向けて、
SDGsの取り組みを活発化しており、
サステイナブルへの流れは社会的潮流になっています。
その中で当社の役割りは、
テキスタイルプラットフォーマーとして、
産地とお客様を繋ぐことだと考えています。

今や、我々の原料からの「もの作り」は、
産地の機屋、ニッター、染工場と協業し、
製造工程でもしっかりとトレースされた
「もの作り」となっています。

わが社は、単に環境配慮された「もの作り」を
追求するだけでなく、
産地の持続可能性を見据えた行動をしていきます。

  

一覧に戻る

PAGE TOP