新着情報

  • TOP
  • 新着情報一覧
  • 尾州との取り組み 瀧定名古屋 取締役婦人服地部門担当 瀧浩之氏

尾州との取り組み 瀧定名古屋 取締役婦人服地部門担当 瀧浩之氏

2019年03月27日メディア

尾州との取り組み 瀧定名古屋
取締役婦人服地部門担当 瀧浩之氏

魅力伝えるのが役目

――尾州と御社の取り組みを教えてください。

尾州の有力企業と組んで、責任あるウール調達に関する自発的な国際基準の
RWS(レスポンシブル・ウール・スタンダード)認証を共同取得しました。
トレーサビリティー(追跡可能性)やサステイナビリティー(持続可能性)の
強化を図るのが目的で、尾州という価値を付けて
海外販売につなげていきたいですね。

――2月発行のEU・EPAについてはいかがですか。

イタリアの生地が輸入されることが考えられます。
イタリアでは設備投資が進んでおり、
現地の企業は価格競争力がある上に生産対応力もありますからね。
尾州で対応できるかと言われると不安はありますが、
素材自体は負けていませんので、そこをもっと発信できればと思います。

――尾州の現況をどう捉えていますか。

尾州は機業場が減少してきているのが現状ですので、
当社側からも組み立てが出来るようにすることが大事だと考えています。
小ロット、短サイクルが尾州の魅力でしたが、
それを伝えづらくなっています。関係作りをより強化して、
その魅力を改めて伝えられるようにするのがわれわれの役目です。

  

一覧に戻る

PAGE TOP