新着情報

瀧定名古屋 川上戦略で物作り強化
原料を中長期で調達

2017年04月05日メディア

-繊研新聞-
瀧定名古屋は、テキスタイル部門では原料・糸までさかのぼって
物作りを強化する川上戦略を推進する一方で、
製品部門は企画力強化と生産基盤の整備、新規顧客開拓を進め、
競争力のあるOEM(相手先ブランドによる生産)事業を目指す。

同社は、テキスタイル、製品の両部門ともに
アパレル・ファッション業界向けを主力としている。
「コスト管理の徹底や企業運営を合理的に行う一方で、
不確かな流行変化への対応や新しい商品開発など
前向きの投資が常に必要なのが当業界」とし、
「この矛盾する二つの要素を統一する経営」(瀧昌之社長)を推し進める。
その政策の一つがテキスタイル部門で進めている川上戦略。
「投資ファンド資金が原料市場に流入し、相場が不安定になっている」として、
「顧客に最適な商品を供給するには、相場を予測して
最適な価格と最適なタイミングでの原料調達が重要になってきた」とする。
前年度に創設した原料素材課はこの一環。
専門スタッフを置いて、原料動向や相場に精通するほか、
中長期的な原料調達で営業部門を支援する活動を強化する。
また今年1月にはベトナム・ホーチミンにテキスタイル生産・貿易の
拠点として資本金6000万円を投じて現地法人を設立した。
中国からの生地輸入やベトナムでの素材開発、
ASEAN(東南アジア諸国連合)地域へのテキスタイル供給などを進める。
製品部門は、カンボジアでの専用縫製ラインを一昨年に自社生産拠点とするなど
生産拠点の整備、セレクトショップやSPA(製造小売業)など
新規顧客の開拓など中身の改革をここ数年続けた。
16年度は婦人・紳士の製品部門がともに増益を果たしたのはこの成果としている。
一方で、テキスタイル・製品ともに広がる海外拠点ネットワークを、
課題解決の受け皿として支える海外事業支援室を今年度、設置した。

  

一覧に戻る

PAGE TOP