新着情報

  • TOP
  • 新着情報
  • 瀧定名古屋、今期増収増益目指す 原料からの提案強化

瀧定名古屋、今期増収増益目指す 原料からの提案強化

2022.04.13メディア



瀧定名古屋、今期増収増益目指す
原料からの提案強化

繊研新聞 4月5日掲載分

瀧定名古屋は今期(23年1月期)、テキスタイル事業については原料からの提案を強化し、製品については
販路開拓を一層推進していく。今期は市場環境の厳しさなどを考慮し、売り上げ目標、利益目標ともに
具体的な数字の明言は避けたものの、「増収、増益を目指したい」(瀧定名古屋の瀧健太郎社長)とする。

テキスタイル事業については「川上戦略として、原料から踏み込んだ提案を強化する」。
その中で、扱いを充実させるのがサステイナブル(持続可能な)素材。特殊原料をリサイクルポリエステルに
練りこみ、太陽光による蓄熱保温機能を付加した「ウォールダーム」、ファッション性の高いリサイクルウール
「リニュール」、衣服内で湿度を調節する天然由来の活性微粒子を使った快適素材「37・5」テクノロジー
などを部門の中で広げていく。
4月には「サステイナブルファッションEXPO」にも出店し、来場者に訴求する。

テキスタイルの海外販売については、前期は韓国や中国への販売が2ケタ増と堅調だった。
今期は昨年苦戦した欧米向けの販売を再構築するため、オランダ・アムステルダムの現地法人の人員を増やし、
増収を図る。製品については、紳士服自部門は生産拠点をベトナムに集約したが、
コロナ禍もあって落ち着かなかった。
今年はカンボジア工場で計画的に生産していく。
製品の販路としてはSNS系(インフルエンサーのブランドなど)を強化するほか、メンズではカジュアル系
などを広めていく。社内でもその分野の体制を整え、「伸ばしていくところを着実に伸ばす」。

さらに、原料から入った素材軸での提案も強める。
加えて、前期進めてきた信州大学繊維学部との産学連携、名古屋大付属病院との商品共同開発などに
より消費者との接点も出来つつある。
今期も同様の取り組みを進めていく。
今期の2,3月については、増収で推移しており、利益については昨年実績並みとなっている。
昨年下期から取引先については、
売り上げに対してどう取り組むかを個別に説明して回ってきた。
それもあり、「増収については手応えを感じている」。
コロナ禍やウクライナ問題などで、海外生産が不安定な中、
集積体質をいかに構築するかがポイントとなる。

  

一覧に戻る

PAGE TOP