新着情報

  • TOP
  • 新着情報
  • 瀧定名古屋、繊維・ファッション業界に新たな挑戦

瀧定名古屋、繊維・ファッション業界に新たな挑戦

2022.05.20お知らせ



JAPAN BUSINESS REPORT
 
South China Morning Post Friday,April 29,2022
 
As trends ebb and flow in the clothing industry, companies that
deal with textiles and apparel must be versatile and style savvy to keep up.
Reliably designing and providing top-quality textile
and garment products for more than century, Takisada- Nagoya
offers one-of-a-kind, integrated service through its planning,
production and speedy delivery systems.
Over the years, the Japanese trading company has become a partner
choice for apparel manufacturers, fast-fashion retailers and
suppliers from China and around the globe.
Initially founded as a wholesaler that traded in kimono fabrics in 1864,
Takisada-Nagoya has triumphed as a family business with more than
150 years of history and experience.
The company has since turned into a corporation and grown to
become one Japan’s leading trading companies, specialising in
designing, procuring and selling textiles and garments.
“As a family business, our key to success is uniting to form
one big team. That is what is most important to us,” says Kentaro Taki,
president of Takisada-Nagoya. Renowned for its sourcing, planning,
risk-reducing and trend-spotting capabilities,
Takisada-Nagoya expertly assists its customers in expressing their fashion senses.
With the division for womenswear and menswear textiles producing the highest revenue,
the company stocks a multitude of fabrics of varying textures,
colours and patterns, and is ready to accommodate diverse client requests.
Takisada-Nagoya is no stranger to what is in vogue.
It is one of a few planning and sales companies that have regularly
participated in the Première Vision Paris exhibitions since 2011.
The company takes the freshest and most popular ideas from concept
to completion with a short lead time.
To process these ideas, the company cultivates its own stream
of information by combining exclusive data from its various
sales channels and partnerships with consumer trend research
companies around the world.
“We do our best to spot upcoming trends through trusted sources.
When we do spot a trend, we create a fabric inspired by it.’ Taki says.
“We develop original textiles. We plan and do sales -not all
textile trading companies can do that.
Our overseas clients have high expectations and standards,
and our company can meet both.”
In the coming years, Takisada- Nagoya will take on the challenge of adding
new apparel lifestyle products for modern applications
spanning across the medical, home and wearables industries. Acquiring
its raw materials locally and internationally, Takisada- Nagoya
knows no bounds when it comes to its resource options and possibilities,
yet it abides by an eco-friendly system by delivering punctual
and consistent quality.
“Sustainability is within our business style of short productions.
We don’t waste that much.
We don’t create products that our customer won’t like,” Taki says.
In line with its corporate philosophy to vividly express
the global fashion of tomorrow, Takisada-Nagoya seeks to boost
overseas sales by continuing to expand its integrated business
model outside Japan.
Exporting to Germany, Spain, Italy, France, Britain and the United States
through its major office in Amsterdam, the company aims to increase
its international sales to 20 per cent, and looks to reach
the 10 per cent mark within three years.
“Autonomy is crucial value to us in business,” Taki says.
“It is our vision that each international office becomes independent
yet grows harmoniously with us.”
Within that worldwide scene, Southeast Asia’s booming market an area
Takisada-Nagoya is keen to explore.
Additionally, China proceeds to rise in the ranks of
influence when it comes to trendsetting and manufacturing textiles.
Having experienced considerable progress from its sales team
in China established 10 years ago, Takisada- Nagoya opens its doors
to more direct business opportunities in the country,
deeming it the most important market to further tap into ‘due
to its proximity and production strengths.
 
 
【日本語訳】
 
瀧定名古屋、繊維・ファッション業界に新たな挑戦
 

トレンドが移り変わる中、テキスタイルやアパレルを扱う企業には、
多様なスタイルが求められています。
瀧定名古屋は、1世紀以上にわたって最高品質の繊維・衣料品を企画・提供し、
企画・生産・配送の一貫体制でオンリーワンのサービスを提供しています。
長年にわたり、中国をはじめとする世界中のアパレルメーカーや
ファストファッションの小売業者、サプライヤーからパートナーとして
選ばれてきた日本の商社です。
 
1864年に呉服問屋として創業した瀧定名古屋は、150年以上の歴史と経験を持つ
ファミリービジネスとして成功を収めてきました。
その後、株式会社に改組し、繊維・衣料品の企画・調達・販売を行う
日本有数の専門商社に成長しました。
 
「ファミリービジネスである私たちが成功する鍵は、
団結して一つの大きなチームを形成することです」。
 
と語るのは、瀧定名古屋の瀧健太郎社長。
瀧定名古屋は、調達力、企画力、リスク回避力、
トレンド察知力に定評があり、お客様のファッションセンスを
引き出すお手伝いをさせていただいています。
婦人服・紳士服のテキスタイル部門が最も収益を上げており、
質感・色・柄の異なる生地を数多く取り揃え、お客様の多様なご要望に
お応えできる体制を整えています。瀧定名古屋は、流行に敏感な企業である。
2011年からプルミエール・ヴィジョン・パリの展示会に定期的に出展している
数少ない企画販売会社の一つです。
同社は、新鮮で人気のあるアイデアを、コンセプトから完成まで短納期で仕上げる。
そのために、同社が持つさまざまな販売チャネルからの独自データと、
世界中の消費者動向調査会社とのパートナーシップを組み合わせ、
独自の情報ストリームを構築しています。
 
「信頼できる情報源から、次のトレンドを見出すことに全力を尽くします。
そして、トレンドを見つけたら、それにインスパイアされたファブリックを作るんです」。
 
と瀧は言う。
「オリジナルのテキスタイルを開発する」。
企画から販売まで行うのは、どこの繊維商社でもできることではありません。
海外のクライアントの期待や水準は高く、当社はその両方に応えることができます」。
今後、瀧定名古屋は、医療、住宅、ウェアラブルなど、現代的な用途に対応した
新しい衣料生活関連製品に挑戦していく予定です。
瀧定名古屋は、国内外から原材料を調達し、資源の選択肢と可能性に限りはないものの、
環境に配慮したシステムにより、時間厳守で安定した品質をお届けしています。
 
「サステナビリティは、短納期という私たちのビジネススタイルの中にあります。
私たちは無駄なことはしません。お客さまが嫌がるものは作らない」
 
と瀧は言う。
瀧定名古屋は、「明日の世界のファッションを鮮やかに表現する」という企業理念のもと、
一貫したビジネスモデルを海外に展開し、海外売上の拡大を図っている。ドイツ、
スペイン、イタリア、フランス、イギリス、アメリカへの輸出は、
アムステルダムの主要拠点を通じて行っており、海外売上高の20%を目指し
3年以内に10%を達成することを視野に入れている。
 
「私たちにとって、ビジネスにおける自律性は非常に重要な価値です」
 
と瀧は言う。
「各拠点が独立しつつも、調和を保ちながら成長していくことが、私たちのビジョンです」。
その中で、瀧定名古屋は東南アジアの市場開拓に力を入れている。
また、テキスタイルのトレンド発信地、生産地として、中国の影響力はますます高まっている。
10年前に設立した中国営業チームが大きな成果を上げていることから、
瀧定名古屋は中国を「近くて生産力のある、最も重要な市場」と位置づけ、
直接的なビジネスチャンスに門戸を開いている。
 
www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

  

一覧に戻る

PAGE TOP