新着情報

瀧定紡織品上海 レディス向け生地内販好調

2019年03月07日展示会

瀧定紡織品上海 レディス向け生地内販好調
メンズも再び市場開拓


瀧定名古屋の瀧定紡織品上海は18年度(1~12月)、
前年度と比べて増収増益だった。
レディス向け生地の内販が好調だった。
本社が持つ独自素材のストックを活用し、
顧客からの小ロット・短納期の要望に応えている。
特に高級ブランドやEC業者向けに伸ばした。
同社は前期までにメンズの製品OEM(相手先ブランドによる生産)は撤退。
不採算事業を縮小してレディスに集中した戦略が収益の向上に結び付いた。
19年は内販も日本向けも厳しく見ているが、
引き続き内販を強化し、レディス向けだけでなく
メンズ向けにも広げる考え。

メンズ向けの生地内販は縮小してきたが再度、市場を開拓する。
従来は中国製生地を販売してきたが、
レディス向けと同様の仕組みに切り替える。
その一環で、本社でメンズ向けの生地販売担当者が駐在し、
本社と連携して受注につなげる。
「日本の物作りの背景を使った生地が求められる。
強みを活用して改めて営業活動する」という。

中国製の生地開発にも力を入れる。
「中国市場の成熟化に伴って生地メーカーのレベルが上がっている」と
指摘し、既存の協力メーカーとともに
ストックオペレーションを課題に取り組む。

  

一覧に戻る

PAGE TOP