新着情報

  • TOP
  • 新着情報一覧
  • 紳士服地20年春夏向け 新ビジネス環境に対応 合繊基本に天然繊維調も

紳士服地20年春夏向け 新ビジネス環境に対応 合繊基本に天然繊維調も

2019年05月13日展示会

瀧定名古屋紳士服地部門20年春夏向け
新ビジネス環境に対応 合繊基本に天然繊維調も


瀧定名古屋紳士服地部門は、20年春夏向けで
「スマーテック・スタイル」の総合テーマのもとに
「アドバンテック・スタイル」と
「スローテック・スタイル」の二つの
スタイリングを提案している。

ITやEC関連の企業が増加しビジネス環境が
激変するなか、機能性を備えたハイテク素材が
増えてきた時代背景を受けたもの。

アドバンテック・スタイルは、ITやEC、ベンチャーなどの
「スーツを着ることが少ない」ビジネス環境で
必要なスタイリングを提案している。
素材はテクニカルなタッチが表現できる合繊が中心。
またウール調ポリエステルやワーク調綿素材なども提案。
カラーは産業的な色彩を持つグレーやブルー、茶系のトーン。
「近くで見ると柄があるが、遠目では無地という”O・5柄”」も
特徴の一つ。

スタイリングはユニフォームやワークウェアのアレンジ、
シェルパーカ、コンテナポケット(大きめポケット)付きの
ミリタリー調アウターなどにワーク系やカーゴパンツなどの
組み合わせ。

スローテックスタイルは、よりカジュアルに
ビジネス環境を着こなすスタイリング。
素材はナチュラルに見える合繊が基本。
ミリタリー調やウール調など天然繊維の顔を持つ
素材を提案している。カラーはダルな色目のグレーや茶、
えんじ系に指し色で紫系を加えた。

スタイリングではサステイナブル(持続可能な)素材を
使ったスーツや袋のようにゆったりしたサックジャケット、
洗練されたミリタリージャケットに
トラウザーやパンツを組み合わせる。

  

一覧に戻る

PAGE TOP