新着情報

  • TOP
  • 新着情報一覧
  • オピニオン 瀧定名古屋国際貿易推進部長兼瀧定ヨーロッパ社長
     黒田剛臣氏 「スピード」が最も重要

オピニオン 瀧定名古屋国際貿易推進部長兼瀧定ヨーロッパ社長
 黒田剛臣氏 「スピード」が最も重要

2020年01月07日メディア

オピニオン 瀧定名古屋国際貿易推進部長兼瀧定ヨーロッパ社長 黒田剛臣氏
「スピード」が最も重要


―輸出事業の現状は。―

北米、欧州、韓国などで順調に伸びています。
生地から製品までのパッケージ提案を、スピード、トレンド、
機能、価格、サステイナビリティー(持続可能性)などを
組み合わせて推進しており、それが奏功しています。
今後も各国の現地法人や関連会社が持つ強みを連動させて
「高付加価値」を提供していきます。

――2020年の海外市況をどのように見ますか。

米国は他国に比べて比較的安定しているものの、米中貿易
摩擦の行方しだいで商況が大きく変わりそうです。
摩擦が解消されても、今まで止まっていた設備投資の影響
は避けられませんしね。

欧州は全体的に景気が良くない。
特に中国向け輸出企業が多いドイツは、中国の景気後退の影響
をもろに受けており、ファッション消費も低迷しています。

半面、グローバルSPAは元気ですし、景気の影響を受けにくい
メゾンブランドも好調を維持するとみています。

――生地輸出拡大にむけたポイントは。

最も重要な要素はスピードです。
例えばグローバルSPAが期待している生地の納期は2~5週間。
われわれのような商社とモノ作りの企業が製販連携を強め
ないと、販路拡大はならないと思います。

生機を備蓄しておくことがその一つです。
ただ、当然ながら不良在庫化するリスクはあるので、目利き
の力や管理、準備の能力を磨かないといけません。
逆に言えば、これからしっかりとできれば、輸出拡大への道
は明るいと考えています。

  

一覧に戻る

PAGE TOP