求める人物像

「世界でもユニークな存在」
瀧定名古屋で働くということ。


ある若手社員が「生地輸出の専門チームを作りたい」と手を挙げた。申告して3年目、その夢はついに立ち上がる。最初はもがきながらも、やがて事業は急成長。2人ではじめた取り組みは全社プロジェクトへと格上げされ、組織も輸出推進室から国際貿易推進部へめざましく変貌を遂げていく。
走り出して10年。彼は今、オランダ・アムステルダムでTakisada Europeの社長として、海外市場開拓の重要な役割を担っている。



瀧定名古屋は組織に「人」を合わせるのではなく、「人」に組織を合わせる会社。
テキスタイルとアパレルに大別される各営業課は、誕生と進化を遂げながら
「人」次第でどのようにでも変わり続ける場所となる。

課のトップである課長は、まるで一企業の経営者のようなもの。
会社から大胆な権限を託され、余計なルールにしばられず、
世界を相手に仕事を動かしていく日々がそこにはある。
瀧定名古屋は経営と現場との距離が近いぶん、
スピードある展開とチーム力、そして一緒に働くメンバーのやりがいは桁違いだ。
自ら考え、決断し、行動するのは、みな同じこと。
失敗なくては、トレンドを生み出すような大胆な提案や、
人の心を動かすような商品はつくれない。
リスクテイカーとして、失敗を恐れず、勇気を持ってどんどん挑戦してほしい。
その挑戦をしっかりと受け止めるだけの器が、瀧定名古屋にはあるのだから。

「次はどんな提案をするのだろう」お客様をワクワクさせる瀧定商人であれ。
店頭に並び、ファッション誌で紹介され、街の人をワクワクさせるような
モノづくりを全力で楽しめ。

そして
「世界のなかでもユニークな商人集団」
瀧定名古屋のメンバーであることを誇りに、これからの時代を生き抜いていこう。

  1. 「リスクは取りにいくもの」

    流行がめまぐるしく変わるファッション業界にリスクはつきものと瀧定名古屋では考えます。より大胆でユニークな発想が生まれる仕事環境で、思いきった挑戦を。

  2. 「利は元にあり」

    より良いモノづくりは、一緒に知恵を絞りカタチにしてくれるパートナーの存在が大きく関係します。特に仕入先など協力企業は当社の財産と捉え、大事にする気持ちを忘れずに。

  3. 「商人の美学を極める」

    何が何でも生き抜く、生き様を追求するのが商人の美学。150年を超える歴史が築けたのは、信用があってこそ。質実剛健、信用を一番とする商人の集団であり続けたいと考えます。

さぁ、心がふるえる生き方をしよう!

新卒採用/募集要項