歴史・沿革

1864創業
初代瀧定助は元治元年(1864)に
郷里尾張国丹羽郡東野村から名古屋東万町に移り住み、
絹屋定助ののれんを継承して呉服太物卸商を営んだ。

初代瀧定助と瀧定商店の歩み

明治初期
 

瀧定助は資産を呉服卸業務、金融業務、不動産投資の三つに分割して運用

明治8-9年(1875-76)
1875-76

既に京呉服、関東呉服、地場織物を取り扱っている

明治15年(1882)
1882

瀧兵右衛門らと名古屋銀行
(現三菱東京UFJ銀行 東海銀行の前身の一つ)設立
定助、取締役に就任

明治20年(1887)
1887

瀧兵右衛門らと共に、奥田正香を発起人総代とし尾張紡績会社
(現東洋紡の前身の一つ)設立

明治21年(1888)
1888

京都支店開設

明治22年(1889)
1889

製造部門として絹定職工場開設(名古屋市西新町)

明治24年(1890)
1890

名古屋商業会議所 第一回議員選挙 瀧定助、議員に選任される
(議員35名中 繊維関係者7名)

明治26年(1892)
1892

絹定職工場移転(舎人町)名古屋製織合資会社とする

明治29年(1896)
1896

瀧兵右衛門、春日井丈右衛門らと帝国撚糸株式会社創立
田口百三、茂木保平と合資会社三龍社(製糸工場)設立
岐阜絹織物株式会社に出資

明治30年(1897)
1897

第一回重役会 瀧定銀行部規則、瀧定商業部規則を議定。
銀行部はのちに本務部と改称。
商業部はのちに瀧定合名会社に於いて継承

明治32年(1899)
1899

名古屋有力呉服問屋十店で呉服一番組結成

明治36年(1903)
1903

瀧家 家憲宣誓式
初代瀧定助 死去(58歳)
長男正太郎が二代目定助襲名

明治39年(1906)
1906

瀧定合名会社設立 大阪支店開設

初代/瀧定助
初代/瀧定助
瀧定商店の歩み

瀧定合名会社時代

明治41年(1908)
1908

大阪支店輸出部創設  米国諸都市歴訪

明治42年(1910)
1910

二代目瀧定助12欧米カ国巡遊視察
朝鮮へ出張

明治45年(1912)
1912

二代目瀧定助 名古屋銀行専務就任

大正元年
 

朝鮮起業株式会社設立

大正2年(1913)
1913

台湾出張

大正6年(1917)
1917

大阪支店全焼  名古屋本店に貿易部を創出

大正7年(1918)
1918

上海・香港支店を開設

大正10年(1921)
1921

香港支店、廃止

大正23年(1924)
1924

関東大震災の影響により、中京・関西への注文殺到

昭和2年(1927)
1927

金融恐慌による輸出の激減、世界恐慌の経営低迷につながる

昭和7年(1932)
1932

人員整理

昭和8年(1933)
1933

上海支店廃止

昭和11年(1936)
1936

本店新社屋建築着工

昭和12年(1937)
1937

本店新社屋完成

株式会社(第一期~二期へ)

昭和15年(1940)
1940

株式会社瀧定商店を設立

昭和18年(1943)
1943

瀧定株式会社に商号を変更

昭和20年(1945)
1945

終戦と共に海外営業所11箇所全部の喪失

昭和22年(1947)
1947

戦後初めて、新入社員を採用

昭和23年(1948)
1948

毛織物がこの頃より主力商品に
登録商としての取引が軌道に乗り、正規繊維品取引が売上の大部分を占める

昭和25年(1950)
1950

第1回名瀧会開催
名古屋本店、独身寮を竣工

昭和28年(1953)
1953

売上高50億円台となる

昭和29年(1954)
1954

京都支店を統合し、大阪支店新社屋の竣工

昭和30年(1955)
1955

本店社屋、移動工事・増改築の完工

昭和33年(1958)
1958

大阪支店及び本店、経営革新を遂行

昭和34年(1959)
1959

2月10日 瀧潤次郎社長、名古屋商工会議所副会頭に就任
8月19日 石田正之亮専務死去(享年61歳) 渡辺昇平代表取締役専務に就任
売上高100億円台となる
11月9日 大阪支店社屋4階増築工事完工

株式会社(第一期~二期へ)

株式会社(第二期~三期へ)

昭和37年(1962)
1962

名古屋本店の東京連絡所を神田豊島町に開設

昭和39年(1964)
1964

創業100周年を迎える
社章をからTSに変更

昭和42年(1967)
1967

NYにタキサダ・アメリカン・コーポレーションを設立

昭和45年(1970)
1970

売上高500億円台となる

昭和50年(1975)
1975

売上高1000億円台となる
名古屋商品センター開設

昭和54年(1979)
1979

東京連絡所、浜町に新ビル完工

昭和55年(1980)
1980

売上高1500億円台となる
4月1日 瀧 季夫、社長に就任

昭和60年(1985)
1985

売上高2000億円台となる

昭和62年(1987)
1987

㈱セクション・ワンを設立

平成元年(1989)
1989

史上最高の売上高2291億円(利益111億円)を計上

平成3年(1991)
1991

名古屋本店新社屋にて営業開始・東京連絡所が現在の地へ

平成5年(1993)
1993

㈱ビアン設立

平成6年(1994)
1994

創業130年を迎える

名古屋本店新社屋
名古屋本店新社屋

株式会社(第四期~現在)

平成9年(1997)
1997

6月28日、瀧 鈞一郎社長逝去

平成12年(2000)
2000

新東山寮完成

平成13年(2001)
2001

8月1日、会社分割 瀧 季夫、瀧定名古屋会長兼社長に就任
瀧 昭廣、瀧定大阪社長に就任

平成14年(2002)
2002

5月4日、瀧 潤次郎相談役逝去
8月19日、瀧 清隆取締役逝去
8月1日、瀧 昌之、瀧定名古屋社長に就任

平成17年(2005)
2005

瀧定(上海)紡織品有限公司設立

平成20年(2008)
2008

4月1日 瀧 隆太、瀧定大阪社長に就任
10月 インターテキスタイル上海出展、ターゲットは中国

平成21年(2009)
2009

課別独立採算制から部門管理へ

平成22年(2010)
2010

1月 全社横断で素材を開発
4月 輸出専門チーム新設、各部署を横断で
6月 中国市場開拓が進展、日本製生地輸出も好調

平成23年(2011)
2011

4月 東南アジアでの生産拡大
4月 国際貿易推進部新設
9月 瀧隆朗瀧定大阪名誉会長・瀧定名古屋取締役名誉会長逝去、お別れの会を開く
9月 プルミエール・ヴィジョン初出展

平成24年(2012)
2012

4月 中国生産プラスワン、インドネシアに拠点 部門間の連携進め、インドネシアの工場に融資
9月 瀧 季夫会長逝去、お別れの会を開く

平成25年(2013)
2013

5月 メンズスーツ生産、ASEANシフト
6月 10年かけ、グローバル化改造計画
8月 中国、ASEANに生産と販売のネットワーク

平成26年(2014)
2014

5月 瀧定150周年感謝の集い 開催

平成27年(2015)
2015

2月 ミラノ・ウニカ初出展
9月 アムステルダムにTAKISADA EUROPE OFFICE開設
10月 原料素材部新設

平成28年(2016)
2016

4月 メンズスーツ生産工場を100%資本化 TAKISADA CAMBODIA開設

平成29年(2017)
2017

1月 東南アジア拠点 TAKISADA VIETNAM開設

平成30年(2018)
2018

8月1日、瀧 健太郎、瀧定名古屋社長に就任

新東山寮完成
新東山寮完成
瀧定150周年感謝の集い 開催
瀧定150周年感謝の集い 開催
PAGE TOP